タナカトシユキのブログ

脳内ストーリーと現実ストーリーで、できたブログ。

箱根駅伝の日に、走りながらついた嘘。

毎年恒例の箱根駅伝を応援しに。 今年も、彼らの走る姿と、 それによって作りだされるドラマには ワクワクさせられたし、胸を熱くさせられた。 山の神、柏原くんの記録を越えられたことに なんだか切ない気持ちになりつつも、 青学がゴールをテープをきった…

謹賀新年

明けましておめでとうございます。 ボクが住んでいる場所では、 元旦から珍しくはらはらと雪が舞い降り、 白い世界があたり一面を浸食した。 明日行われる箱根駅伝が心配なくらい。 心配といえばこんなこともあった。 新年の挨拶に、祖母の家を訪れたら 耳が…

2014年、最期の1日。

2014年、最期の日。 この1年を振り返ってみると、 友人との何年ぶりかの再会や新しい人との出会い。 頭の中にスッと浮かんでくる 楽しい思い出たちの中には、 自分ひとりじゃなくて、必ず誰かがいる。 僕の楽しい思い出たちは、 毎年、誰かによって作ら…

2週間続けると、習慣として定着しやすい

書くことが日課だったのに、ここのところブログをさぼりつつある。お酒を飲んで夜遅くにかえると、お風呂に入るのがめんどくさくなるようにブログを書くのもめんどくさくなる。昔は、毎日更新という4文字熟語に取り憑かれ、日が変わって帰ってきても時間を偽…

年賀状は、再会させてくれるためのツール。

25日はすっかり過ぎてしまったのだけど、 年賀状がやっとこさ終わり 無事に郵便局に託してきた。 毎年ギリギリで 贈る相手へのコメントがひどいのですが、 贈る相手との思い出を振り返る作業は 愛おしい時間となっている。 毎年、想うのは、 この1年で会…

小さい頃は、サンタを見てやるぞと思ってたのに、睡魔に負けてたな。

メリークリスマス。 小さい頃は、クリスマスの日の朝が楽しみで、 ぱっと目をあければ、 枕元にクリスマスプレゼントが置いてあった。 毎年、今年こそはサンタを見てやるぞ と布団の中に入りながら、 寝るもんかと眠気と戦うけれど いつもサンタの姿を見るこ…

告白する日にするべき、3つのこと。

きのう、強烈な話を聞いた。 これから誰かに告白しようとしている男子は 絶対に知っておいたほうがよい話だ。 とくに、明日のクリスマスの日に、 告白しようとしている君には 口をすっぱくしていいたい。 たぶん君は、付き合ってないのに クリスマスを一緒に…

友達と知人の、定義

2日もブログをさぼってしまった。 書いてるのが当たり前だったのに、 さぼる癖がつくと さぼるのが当たり前になってしまうので、 たわいもない日常のことで書くとする。 きのう、今年はじめての忘年会をした。 ボランティアスタッフという繋がりで 出会った…

ハッピーバースデートゥーミー

「おめでとう」という暖かい言葉を頂いた。 今日はボクの誕生日。 ハッピーバースデートゥーミー。 目が覚めても、きのうと見える景色は同じ。 きのうと違ったのは、 時計の針がいつもより進んでいたことくらい。 慌てて、布団から飛び出して、 寝ぼけたまま…

マクドナルドのポテトの、思い出。

個人的には、まったく困ってないが、 きのうからマクドナルドのポテトが Sサイズのみの販売となったらしい。 米西海岸における港湾労使交渉が 長期化した影響で、米西海岸からの船便が滞り、 原材料であるジャガイモ加工品を安定的に 輸入できなくなったせい…

ゲレンデマジックより、ジムマジック。

世の中には、ゲレンデマジックという ゲレンデにいると女性が3割増しに かわいく見えるという言い伝えがあるが、 ゲレンデよりもかわいく見える場所がある。 それは、ジム。 今日、怠惰ぎみの身体に刺激を与えるために ジムに行ってきたんです。 で、ランニ…

クリスマスの日を、さらに盛り上げる方法

もうすぐでクリスマスがやってくる。 国家から「クリスマスの日をさらに盛り上げよ」 という任務が来たら、どうするか? ということをぼけーっと考えた。 この時期になると街で見かけるようになるのが、 クリスマスのイルミネーションと リクルートスーツを…

髪を短くしてよかったなと思える瞬間

髪を短くすると、寒さ対策としては いまいちなのかもしれないが、いろいろな利点がある。 髪を洗う時間も短くなるし、 髪を乾かす時間も短くなる。 髪が短いというのは、時短効果抜群だと思う。 個人的に、髪を短くしてそれ以上に嬉しいのが、 電車の端っこ…

開票率1%で当選確実は、お味噌汁の味見と同じ。

選挙が行われた夜のテレビは、 選挙がテレビを埋め尽くしている。 子供の頃は退屈だったけれど、 大人になった今日の僕は、 家にいなくてほとんど観ていない。 それでも、選挙の日になると 毎回思い出すことがある。 ニュース速報とかで 「開票率1%で当選確…

クリスマスが近づくと、頭の中は年賀状のことばかり

ブログを書き始めたときに 年賀状を贈ることも始めたので、 毎年、クリスマスが近づくと やばい、年賀状ださねば! といった締め切りに追われる。 いつも、ギリギリになってから 年賀状のデザインに取りかかるので、 今年こそは早めにと取りかかった。 が、…

若者の投票率をあげる方法を考えてみる。

選挙の日が近づいてきた。 若者の投票率の低さに対して、 政治家たちは票をあつめるために 投票率が高い世代にむけた 政策をしていくことになる。 若者よ、投票しに行こう。 といった内容を目にする。 なるほどなーと思う反面、 こうゆう記事を読んでも、 選…

ココーノを手に入れて思う、CDを買うことは投資と同じ。

今日は、藍坊主のニューアルバム ココーノが発売された日。 藍坊主は、好きなミュージシャンの中で唯一、 世の中に存在があまり知られていない インディーズだった頃から知っている。 iPodを手に入れてから CDを買うことがさらに減って、 1年に2枚買うか、買…

aobozu LIVE 2014 ~蚕の鼓笛、繭は踊る~

STUDIO COASTで行われた、 藍坊主のライブ「蚕の鼓笛、繭は踊る」 へ行ったのは、一昨日の話。 会場に鳴り響いた曲は、estoだった。 estoは、長時間ランニングする時に さいしょに聞いている音楽。 疾走感がたまらなく、自分の中では 始まりの曲となっている…

イラストレーター、境陽子さんの初個展 「STYLES」へ

青山のGALLERY MUVEILで行われている、 イラストレーター、境陽子さんの個展 「STYLES」に行ったのは、きのうの話。 境陽子さんは、描いたイラストを インスタグラムにアップし続けていたら、 人気がでて、いろいろと声がかかり トゥモローランドでイラスト…

カナダの航空会社が仕掛けた、クリスマスサプライズの素晴らしさ。

世界中の人々から賞賛されたようなので、 すでにご存知の方もいるかと思います。 カナダのカルガリーを拠点とする ウエストジェット航空が、 クリスマスに乗客に行ったサプライズのことを。 2013年は、搭乗する前に、 クリスマスプレゼントが何がほしいか聞…

12月になると毎年思うことランキング

寒さの本番が、2月頃だということは 分かってはいるんだけど、 もうダウンコートを羽織る毎日で すっかり、のび太のように 毎日が同じ恰好になりつつある。 そして、毎年思うのが、 「この冬を乗り切れるのだろうか?」 ということ。 12月になると毎年思うこ…

鼻くそを食べる少年は、砂漠で生きる知恵を持っていた。

ワインボトルのコルクのように すっぽりと指を鼻につめて、 ほじっている少年がいた。 そのすっぽりさ具合に目を奪われ 視線を降り注いでいたら、 その少年が迷うこと無く ほじった指を口にパクッとくわえた。 鼻くそを食べたいと思ったこともないし、 鼻く…

隣の県まで、瞬間移動してしまった気分の、その後。

きのうの続き。 電車を寝過ごし、知らぬ土地へ解き放たれたボクは、 マン喫もない、何もない町をみて途方に暮れた。 タクシーで帰るかと 自宅までの運賃を尋ねてみたら、 メガネを外した、のび太と 同じような目になるくらいの金額。 そんなお金はない。考え…

隣の県まで、瞬間移動してしまった気分

瞬間移動にはじめて成功した時って きっとこんな気分なんだろうね。 瞬間移動に成功した喜びよりも、 見知らぬ土地へ来てしまった 戸惑いの方が大きいんだろうな。 きのうの夜、そんな体験をした。 渋谷で開催された音楽イベントに酔いしれたあと、 iPhoneの…

アンティーク好きなら、行くべきところ!! 東京蚤の市!!

調布の京王閣で行われた、東京蚤の市へ。 何度も訪れている催し。 会場内に入ると、たくさんの人と 心ときめくものたちが目に飛び込んできて、 心が弾む。この空間にいるだけで 楽しい気持ちになってしまう。 しかも、会場内にあるイチョウの木とかが 色めい…

ブログをやってなければ、誰にも言わない朝の出来事。

朝から、えらいめにあった。 これから食事をする方は、 この先を読まない方がよい内容である。 朝おきて、便秘に効果があるという 白湯をぐびっと飲み、 トイレにいって、ぷりっと芸術を生み出した。 ウォッシュレットをしながら 今日もいい日でありますよー…

池袋にある、ラシーヌというお店。

今日は、お酒をのんで帰ってきたので、 さらっと食レポをお届け。 池袋のラシーヌというオーガニック食品を 提供するお店に行ってきた。 野菜の本来の味を生かした料理が多く、 店員さんにオススメされたサラダは 自家製の大葉のドレッシングが美味しくて、 …

白湯は、便秘で悩む女性の味方。

ここのところ、目覚めてから さいしょに口にするものを、白湯にしている。 ほかの飲み物とはちがって、 優しい感じで、身体がほっこりする。 いま気になって、白湯の効果を調べてみたら、 奥さんもびっくりな情報がありましたわよ。 なにやら、白湯で内臓器…

アメリカで起きてる暴動シーンを見て、思うこと。

ニュースで流れてきた、 アメリカのミズーリ州で起きている暴動のシーン。 黒人の少年を射殺した警察官が 不起訴処分になったことで暴動が 発生しているのだけど、 暴動のシーンが映画を見ているような 凄まじさがある。車がわんさか燃えている。 その映像を…

カップルの自撮り写真に、物申すの巻。

今日は、ひとこと物申す。 カップルがぎゅっと寄り添って 自分たちの写真を撮るじゃないですか。 べつに、その行為がダメだとは まったく思わないんです。 まわりに人がいなかったから、 自分たちで撮るしかない状況だったり、 いろいろあると思うので。 好…

LIGHT is TIME。TOBICHI。DEAD STOCK UNION。

きのうの出来事を、つれづれなるままに。 青山のスパイラルで行われている、 シチズン時計株式会社がお届けする インスタレーション「LIGHT is TIME」を観に。 時を知らせる時計の部品で作られた インスタレーションに引きずり込まれ、 時を忘れさせられた。…

なにもしてないのに、パトカーを見るとドキッとする

昼下がりに、パトカーに出会って 胸の高鳴りを感じた。 パトカーを見る度に やましいことなんて何もしていないのに ドキッとしてしまう自分がいる。 これはなぜなんだ? という問いを自分に投げかけてみた。 そう簡単に答えが出なかったので、 パトカーを見…

ダジャレー・ヌーボー解禁

赤ワインなんて、一滴も飲んでないけれど、 ボジョレー・ヌーボーの解禁を記念して、 最近の出来事をダジャレーを使って書いてみる。 終電の混み合った車内なのに 女がいっぱいおんなーと思っていたら、 その中に顔を紅潮させた、 校長先生のような男がいた…

人にモノを勧めるのは、それなりに勇気がいる行為

きのう放送されたドラマ 素敵な選TAXIを観ていたら、 「人にモノを勧めるのは、 それなりに勇気がいる行為である。 なぜならば、自分のセンスが問われる、 ある種オーディションのようなものだからだ」 というセリフに出会った。 生まれてから、オーディショ…

終電、恐い。

酒の席に後ろ髪を引かれながら、店を飛び出して駆け込んだ終電の恐さといったらない。1時間近く電車を乗らないと帰れない距離だったり、電車にトイレがないせいで途中でトイレに行きたくならないか心配。以前、我慢できなくて途中下車したことや車掌さんに頼…

寒くても、裸になって、ドアをあける。

寒い日の夜に、裸になってドアをあけると、 やっぱり扉の向こうも寒い。 最新の設備がないお風呂ではよくある話で、 服を脱いでから、お湯に触れるまでの 短い時間なんだけど、寒い日の夜はつらい。 小学生くらいの時は、 浴槽にたまったお湯を身体にかけて …

大磯市に出店してきました。

今日は、神奈川県の大磯で行われた大磯市に picinicとうい名で出店してきました。 Picnic ギリギリにならないとやらない性格のせいで 前日は準備におわれ、 当日は、椅子を忘れるなど いろいろハプニングもあったり 完売というより、ぜんぜん売れずに 完敗で…

覆面パトカーよりも、パトカーにすべし。

高速道路を運転していたら、 覆面パトカーに捕まっている人がいた。 ボクも昔、高速を運転しているときに、 眠ってしまい、タイヤが白線にのったら ガタガタとすごい音がして、ハッと目が覚めて、 これは危険だぞ!と 窓を全開にして、音楽のボリュームを上…

相手からの返信で、送ったメールの誤りに気づく

相手からの返信のメールで気づいた。 「店員」と打つべきところを 間違って「定員」と打っていたことに。 いと恥ずかし。 そういえば昔、 「大森様」と打つべきところを 「大盛り様」と間違って 送ってしまったことがあったけな。 そうしたら相手から 「お世…

「センスがよい」って、いったいなんなのさ。

言われて嬉しい言葉のひとつに、 「センスがいい」という言葉がある。 こんな言葉を言われたら、 心の中は、トランポリン。 今、ボクにその言葉を言ってくれた人を 思い出してみると、 パッと思い浮かぶのが身内しかいないが... 話をすすめる。 「センスがい…

カップルとかけて、ボウフラと説く。その心は。

布団のぬくもりが、愛おしい。 そんな季節が、今年もやってきた。 布団のぬくもりは、 あとちょっと、あとちょっと、とボクの心を誘惑する。 布団と一緒にいる時間を少しでも長くすると それは幸せなことなんだけど、 後悔させられることもある。 今日、駅の…

外山滋比古「思考力」を読んで、トーマス・エジソンの名言を思い出す。

「思考の整理学」で有名な、 外山滋比古さんの「思考力」を読み始めたら、 心に刻んでおきたいことが書いてあったので、 ここに書いておくことにする。 いま日本人がもっとも嫌っているのは、 「落ちる」ということだ。 入学試験に落ちる、就職試験に落ちる.…

11月10日、いい点。

月曜日からお酒を呑んでしまい、 ブログに書くことが何も思い浮かばない。 今日は、11月10日。 いい点の日ということで、 いい点にまつわるちょっとした話を考える。 勉強ができなかった小学生のタカシくん。 テストの点は、いつもひと桁。 中学生になっても…

友人に会いに、京都へ。

きのう、友人の結婚式に参加すべく、 赤くほのめいた京都へ。 大学の頃、同じ時間をよく過ごしたメンバーが ひさしぶりにみんな揃い、友人の幸せを祝う。 その後は、年賀状で毎年「今年は会おう」と 会おう、会おう詐欺をしていた、 京都にいる地元の友人に…

クラウドワークスの社長、吉田浩一郎さんの話を聴きに、BUKATSUDOへ

横浜・みなとみらいの造船ドック跡地に誕生した、 大人のためのシェアスペース、 BUKATSUDOへきのう行き、 StartupWeekendYokohamaの プレイベント第2弾「クラウドワークス創業秘話」 に参加。 そして、株式会社クラウドワークスの社長、 吉田浩一郎さんの話…

みなとみらいの造船ドック跡地に誕生した、BUKATSUDOへ

10月22日にグランドオープンした、 横浜・みなとみらいの造船ドック跡地に誕生した、 大人のためのシェアスペース、 BUKATSUDOへ初めて侵入してきた。 お洒落なシェハウスを作るで有名な 株式会社リビタが関わってるだけあって、 ナイスな内装でした。 なに…

ミラクルムーンの日に、告白した男。

なにやら今夜は、 171年ぶりのミラクルムーンだそうな。 全米No1と謳うアメリカ映画のように スーパームーンとか、皆既月食だとか 特別な月が多い気がする。 こうゆう特別な月の日に女の子に告白して、 見事付き合えたら 満月で気持ちがオオカミになった男は…

池谷裕二「自分では気づかない、ココロの盲点」

脳研究者の池谷裕二さんの本 「自分では気づかない、ココロの盲点」を読んだ。 読書のスピードが、ナメクジが地面を移動するくらいの 遅いボクだけど、あっちゅーまに読み終わった。 池谷裕二さんの他の本を読んでいると もの足りなさを感じるかもしれません…

ミシェル・ゴンドリーの世界一周展へ

世界を虜にしている、奇想天外な映像を作り出す監督、 ミシェル・ゴンドリーの展示 「ミシェル・ゴンドリーの世界一周」を観に、 現代美術館へ行ってきたの回。 ミシェル・ゴンドリーは 映画「エターナル・サンシャイン」や Chemical BrothersのMV とか、The…

両膝を血だらけにした女性に、いったい何があったのか!?

終電の車内には、 びっくりさせられる人がいる。 きのうは、両膝が血だらけの女性が寝ていた。 そんな女性を見ながら、 その女性の両膝が血だらけになったストーリーを かってに考えたので、ここにほきだす。 3年ほど付き合っていた彼から、 大事な話がある…