読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タナカトシユキのブログ

脳内ストーリーと現実ストーリーで、できたブログ。

電子書籍は、タブレットの良さを引き出せていない

タブレットで本、つまり電子書籍

 

読んでいる人を久しぶりにみた。

 

マーケティングの世界では、

 

知り合いに3人以上がそれを持っていると、

 

それは流行っているということになる

 

ということをどっかで聞いたことがある。

 

この理論からいくと、

 

ボクの知り合いで電子書籍を使っている人は

 

3人もいないので、

 

電子書籍は流行ってないといえる。

 

電子書籍に触れることがない僕なので、

 

めずらしそうな感じで見ていたら

 

電子書籍の改善点をみつけてしまった。

 

その人の電子書籍

 

実際の本に近づけるために

 

ページ毎にすすむようになっていた。

 

おそらくどの電子書籍もそうだと思うんだけど、

 

あれだとタブレットのいいところが

 

生かされていないような気がする。

 

今の状況だと、

 

本は、手のひらでページを捲り、

 

タブレットは、手の指でページを

 

動かしていることになる。

 

手のひらと手の指では大きさが違うのに、

 

動かす対象が同じものになってしまっているのは、

 

もったいない気がする。

 

電子書籍は、ページを動かせるのではなく、

 

行を動かせるようになったほうが

 

気持ちいい気がするんだよなー。

 

 

また明日。バイビー