読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タナカトシユキのブログ

脳内ストーリーと現実ストーリーで、できたブログ。

桜をみると、思い出すはなし。

f:id:t_toshiyuki19:20140331230154j:plain

綺麗に咲いた桜の木をみると、思い出す話がある。

 

大学受験に失敗して浪人を決めた頃に

 

友だちが話してくれた話だ。

 

高貴な方が染め師に桜色の布を作るよう命じ、

 

染め師は、その要望に応えようとした。

 

桜の葉や、桜の咲いた枝では

 

桜色の布を作ることができなくて、

 

毎年試行錯誤を繰り返しては失敗をしていた。

 

ある年に、桜がまったく咲いてない

 

冬の桜の木で布を染めてみたら、

 

それはそれは見事な桜色の布が出来上がったそうだ。

 

僕らも桜の木とおんなじで、

 

綺麗な花を咲かせるために、

 

冬の寒さに耐え凌んでがんばっている時が、

 

いちばん綺麗なんだ。

 

綺麗な花を咲かせるためにも、がんばろう。

 

という話をしてくれた。

 

成功した人をみると、

 

あの人には才能があるからなんだとか

 

つい特別な人間という眼差しでみてしまうときがある。

 

自分はふつうの人間だから

 

あんな特別な人間のようにはなれないと、

 

寒さに耐え忍んで頑張っている姿を想像もせずに、

 

自分はがんばることなく

 

諦めてしまうときがある。

 

今年はそんなことを思いながら、

 

綺麗に咲いた桜の木をみつめていた。

 

綺麗な花が咲くかは分からないけど、

 

がんばらなくちゃね。

 

 

また明日。バイビー