読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タナカトシユキのブログ

脳内ストーリーと現実ストーリーで、できたブログ。

荒れた新成人たちにからまれた、ちびるの巻。

街の至るところで

 

新成人たちの晴れ姿を見ることができ、

 

見てるこっちまでもほっこりした気分となった。

 

が、そのほっこり気分も

 

とある新成人のせいで最悪な気分へ。

 

電車に乗って、出発まで待っていたら、

 

テレビでもよく取り上げられる

 

荒れた新成人の方たちが乗ってきた。

 

しかもその新成人たちは、酒をのみ

 

カラオケボックスかと思うくらい、騒ぎだした。

 

うるせーな、注意するかなと迷っていたら、

 

そのうちのひとりがこっちに詰めより

 

「なに、ジロジロみてんだよ!」と、

 

注意したかったボクが、

 

逆に注意されてしまったのです。

 

ことわざ風に言うならば、

 

ミイラ取りがミイラに殺された。

 

面倒なことになったなーと思っていたら、

 

ボクの予感は、的中。

 

他の連中までも、こっちにやってきた。

 

サッカー日本代表と中学生のチームが

 

試合をするくらいの力差。

 

ボーリングのスコアかと思うくらい、

 

ゴールを決められていたボクのもとに、

 

救世主が電車の中に乗って来たのです。

 

その方は、ドスの効いた声で

 

新成人たちを怒鳴りつけた。

 

助けてくれた方を見てみたら、

 

どっからどうみてもヤクザ。

 

さすが本物、荒れた新成人たちとは違い、

 

凄みがすごい。ちびりそうな迫力。

 

新成人たちも、本物ヤクザにびびったのか、

 

さっきの威勢は消滅してしまった。

 

そしてヤクザは、新成人たちにこういった。

 

「おまえらの夢が、ヤクザになりたい

 

じゃなかったら、中途半端なことしてんじゃねー。

 

自分の夢にむかって、ちゃんと生きろ」と。

 

新成人たちの目は、どこかキラキラしていた。

 

以上をもちまして、

 

成人をとっくにすぎた私からの

 

うそを終わりに致します。

 

電車乗ってないし、家から一歩もでてない。

 

 

また明日。バイビー

http://t-toshiyuki19.hatenablog.jp/