読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タナカトシユキのブログ

脳内ストーリーと現実ストーリーで、できたブログ。

スパイク・ジョーンズ監督の「her/世界でひとつの彼女」

f:id:t_toshiyuki19:20140630170503j:plain

スパイク・ジョーンズ監督の映画

 

her/世界でひとつの彼女」を観た。

 

柔らかな光で包まれた綺麗な映像で、

 

人間と人工知能をもったコンピューターとの

 

恋愛が描かれたストーリーだった。

 

男は、顔じゃない!!

 

っていう言葉を女性からよく聞くので、

 

この映画は、異性に惹かれる本質が

 

描かれた作品だとおもう。

 

個人的には、

 

この映画が10年くらい前に発表されてれば、

 

マイノリティ・リポートのように

 

衝撃を受けた作品になったかも知れないが、

 

感情を認識するロボット「Pepper」が発表

 

されてる現代としては、

 

近い未来に起こりうる話題として捉えてしまい

 

インパクトは薄めだった。

 

将来、人間の感情をもったコンピューターと

 

人間が恋愛するかは、想像がつかないけれど、

 

ひとり暮らしをしてる高齢者の話し相手には

 

よさそうだよなー

 

と映画を観ながら思考を巡らせた。

 

あれこれ考えさせてくれる映画だったし、

 

素敵な映像とストーリーは

 

なかなか面白かったです。

 

ただ、スパイク・ジョーンズ監督も、

 

ミシェル・ゴンドリー監督もそうなんだけど、

 

チャーリーカウフマンが脚本した映画を

 

また演出をしてくれないかなー、と

 

観たあとに、そう思う僕がいましたとさ。

 

 

また明日。バイビー

http://t-toshiyuki19.hatenablog.jp