読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タナカトシユキのブログ

脳内ストーリーと現実ストーリーで、できたブログ。

身体が熱い日には、寒いことを考える。

唾を飲み込めば喉に痛みが走り、


目を閉じればグルングルン目がまわる。

いちばん酷いのは、身体の熱さ。

干し終わったワイシャツに僕がのれば、

アイロン替わりになりそうだ。

こんな熱い日には、寒いことを考えるに限る。


旅人A「いやぁ〜、今夜は寒いねー。

なにか、羽織るものかしてくれねーか?」

女将「旦那様、こちらを御使いくださいまし」

旅人A「おー、こりゃ風情があってよい。これはなんて言うんだ?」

女将「旦那様、さむいと申します」

旅人A「さむいと言うのかー。今宵の天候と同じやのー!わはは」

女将「旦那様ったら、うまいことおっしゃいますなー。おほほ(苦笑)」

外人B「すみま、せん。レンドミーサムウェアー」

女将「寒ぅーウェーイ?」

ジェスチャーをする外人B。 

女将「あっ...ディス?」とさむいを指しながら答える。

外人B「ありがとう。これ、なんですか?」

女将「SA・MU・I」

外人B「イッツクール!」

となりにいま旅人Aがでしゃばり、

外人Bにからみだす。

旅人A「さむい、似合ってるねー!ナイス! 名前は、なんていうんだ?ネーム?」

外人B「アイム、サム」

旅人A「おぉー、とってもサムいいね!」

…これ以上なにも浮かばないので、

本日はこれにて。


また明日。バイビー